« チャンピオンズリーグ決勝、アーセナルは無念の準優勝 | トップページ | アーセナル、CL決勝後のベンゲル監督の怒りのコメント »

2006年5月18日 (木)

アーセナル、CL決勝後のアンリの怒りのコメント

_41656610_henryandwenger203x270Furious Henry hits at referee
 現地時間17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝戦後のアーセナル主将ティエリ・アンリのコメント。

 アンリは、

 「公平だったとは思わないね。もう一度試合を見てもらったらわかると思うけど、プジョルは私に何度も肘打ちを喰らわしてきたし、マルケスは何度も私の足首に後ろからタックルしてきたことわかるよ。なのに彼らは1枚もイエローカードを受けていないのはおかしいよ」

 「それで、私のタックルになぜイエローカードが出されたのかがわからない。私は完全にボールにタックルをして、その後相手選手のスパイクの裏が私の足首に刺さったのだよ。同じ試合を戦っているとは思わないよ。イエンス(レーマン)の退場は明らかだったけど、それ以外の主審の判断はヒドかったね」

 「審判らが我々の勝利を望んでいないなら、そのことを試合前に言って欲しかったよ」

 「バルセロナ相手にあのようになってしまったら、もう勝つことは難しいね。あそらく次の機会までには私も『どうやってダイブするのか』を習わなくてはね」

 「試合前には全ての人がロナウジーニョの話しをしていたけど、彼もエトーもこの試合では見なかったね」

 「ただ、ラショーンだけがこの試合で2点を生み出した。それがキーポイントだったね」

 「我々はこの結果を誇りに思うけど、ロンドンでトロフィーを待っていた人たちには申し訳ないと思っている。でもね、今日の審判団は本当にむちゃくちゃで、不愉快だったんだ」と激怒している。

|

« チャンピオンズリーグ決勝、アーセナルは無念の準優勝 | トップページ | アーセナル、CL決勝後のベンゲル監督の怒りのコメント »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/1840442

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、CL決勝後のアンリの怒りのコメント:

« チャンピオンズリーグ決勝、アーセナルは無念の準優勝 | トップページ | アーセナル、CL決勝後のベンゲル監督の怒りのコメント »