« ボルトン、DFハントが靭帯損傷か? | トップページ | リバプール、FWガルシアとDFアウレリオが負傷退場 »

2006年7月30日 (日)

トッテナム、主将DFキングが再び怪我で開幕絶望

_41944790_king_getty_203 Tottenham hit by King injury blow
 トッテナムの主将DF、レッドリー・キング(25)が、29日の練習中に足の軟骨を痛め、6−8週間戦列を離れる見込みとなった。 復帰は早くても9月中になるもよう。

 トッテナムのヨル監督は、

 「レッドリーは軟骨を痛めた疑いがもたれている。おそらく彼の復帰は6−8週間後になるだろう」とコメントしている。

Apple Store(Japan)

|

« ボルトン、DFハントが靭帯損傷か? | トップページ | リバプール、FWガルシアとDFアウレリオが負傷退場 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/2859057

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、主将DFキングが再び怪我で開幕絶望:

« ボルトン、DFハントが靭帯損傷か? | トップページ | リバプール、FWガルシアとDFアウレリオが負傷退場 »