« ワットフォード、若手DFマリアッパと契約延長 | トップページ | チェルシー、『ロナウジーニョ2世』に興味 »

2006年9月17日 (日)

フラム、MFブラードがひざの診断の為に渡米へ

Bullard_freekick_2 Bullard to see US knee specialist
 フラムのMF、ジミー・ブラード(27)が、ひざ治療の世界的権威でもあるリチャード・ステッドマン医師の診断を受けるためにアメリカへ渡ることがわかった。

 ステッドマン医師はスポーツ界では最も有名な医師の1人で、つい最近では、ニューカッスルのイングランド代表FWマイケル・オーウェンもひざの術を受け、成功している。

モノ・マガジン オンライン

|

« ワットフォード、若手DFマリアッパと契約延長 | トップページ | チェルシー、『ロナウジーニョ2世』に興味 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/3470651

この記事へのトラックバック一覧です: フラム、MFブラードがひざの診断の為に渡米へ:

« ワットフォード、若手DFマリアッパと契約延長 | トップページ | チェルシー、『ロナウジーニョ2世』に興味 »