« マンU、注目の17歳アメリカ代表FWアドゥーが練習参加! | トップページ | リバプール、MFシッソコが肩の手術へ »

2006年11月11日 (土)

アストンビラ、DFラウルセンが靭帯損傷で全治3か月

_42294550_laurs203 Laursen to miss next three months
 アストンビラのデンマーク代表DF、マーティン・ラウルセン(29)が8日に行われたカーリング杯のチェルシー戦で足の靭帯を損傷し、今後3ヶ月間戦列を離れることになった。

 アストンビラのオニール監督は、

 「彼にとって唯一慰めになるのは、前の怪我とは逆の膝だったことだ。前と同じ箇所であったら致命的だっただろうし、彼はこの怪我から復帰した経験がある」とコメントしている。

|

« マンU、注目の17歳アメリカ代表FWアドゥーが練習参加! | トップページ | リバプール、MFシッソコが肩の手術へ »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/4130491

この記事へのトラックバック一覧です: アストンビラ、DFラウルセンが靭帯損傷で全治3か月:

« マンU、注目の17歳アメリカ代表FWアドゥーが練習参加! | トップページ | リバプール、MFシッソコが肩の手術へ »