« リバプール、ベニテス監督がローテーションシステムを弁明 | トップページ | アーセナル、FWアデバヨールが怪我でCLモスクワ戦を欠場 »

2006年11月 1日 (水)

チェルシー、モウリーニョ監督がさらにバルサを批判!

_42263086_mourinho203x270 Mourinho continues Barcelona row
 死闘を繰り広げ、最後の最後で同点に追いついたチェルシーのモウリーニョ監督が試合後の会見でさらにバルセロナを批判している。

 モウリーニョ監督は、

 「私はこの試合結果を誇りに思う」

 「私が思うに、審判団にとってはとてもやりづらかった試合だったと思う。毎分のようにあれだけの選手が転げ回ってはね」

 「ライカールト監督は好運だよ。なぜなら、バルセロナのスター選手達は試合中も試合後も保護されているんだからね」

 「この試合はそれほど荒れた試合ではなかった。しかし、終わってみれば何枚イエローカードが出されたんだい? 特に我々だけにね。それらのカードは引き出されたんだ」

 「ファウルの度にバルサの7、8人の選手が主審を囲んでカードを要求する」

 「常に圧力をかけられている主審にとってはたまったものではない。そして、選手は痛がって大げさに転がり回っているんだからね」

 「これらは両チームに言えることだったが、相手チームには明らかにひとつ酷いシーンがあった」と怒りをあらわにコメントしている。

BOSEショップオンライン

|

« リバプール、ベニテス監督がローテーションシステムを弁明 | トップページ | アーセナル、FWアデバヨールが怪我でCLモスクワ戦を欠場 »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/4032879

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、モウリーニョ監督がさらにバルサを批判!:

» 終了目前、またドログバが救った!! [青いイナヅマの世界を制する]
31日に行われたCLグループA第4節、 バルセロナ対チェルシーの試合は 2対2の引き分けに終わった。 前半3分にバルセロナのデコが鮮やかな ミドルシュートをゴールに突き刺して先制されるが、 主審の不安定な判定で試合のペースが乱れていく。 チェルシーは後半7分に..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 02時19分

« リバプール、ベニテス監督がローテーションシステムを弁明 | トップページ | アーセナル、FWアデバヨールが怪我でCLモスクワ戦を欠場 »