« チェルシー、15歳のチリU-17代表MFミランに興味 | トップページ | マンU、MFスコールズが代表復帰も考えた!? »

2006年11月22日 (水)

マンU、主将DFネビルに手術の可能性も

_42338692_neville203 Neville may require calf surgery
 ここ数ヶ月で何度も古傷であるふくらはぎに違和感を訴え、15日に行われた国際親善試合(vsオランダ戦)も辞退したマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DF、ガリー・ネビル(31)が手術を受ける可能性が出てきた。

 マンUのファーガソン監督は、

 「ふくらはぎの痛みは徐々に大きくなってきているようだ。もし、次に怪我が再発した時は長期の離脱になるだろう。そして、その時は対応を考えなければならない」

 「ガリーは我々の主将だ。彼の経験はチームのとって必要不可欠なものなんだ」と頭を悩ませている。

|

« チェルシー、15歳のチリU-17代表MFミランに興味 | トップページ | マンU、MFスコールズが代表復帰も考えた!? »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/4272777

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、主将DFネビルに手術の可能性も:

« チェルシー、15歳のチリU-17代表MFミランに興味 | トップページ | マンU、MFスコールズが代表復帰も考えた!? »