« チェルシー、主将DFテリーがプレミア最高給取りへ! | トップページ | カーリング杯ハイライト、準決勝 »

2007年1月25日 (木)

カーリング杯準決勝第1戦、結果(24日)意地のぶつかり合い!両者譲らず

_42492771_baptista203 Carling Cup
 現地時間24日、カーリング杯準決勝のファーストレグが行われ、犬猿の仲でもあるトッテナム対アーセナルのノースロンドンダービーとなった試合は、ホームのトッテナムが前半12分にFWベルバトフが頭で合わせて先制すると、続く21分にはアーセナルのFWバプティスタが痛恨のオウンゴールを献上し、トッテナムが前半を2−0で折り返した。

 後半に入り反撃に出たいアーセナルはMFフレブ、DFエボエを投入。 すると後半19分にバプティスタがゴール中央でFWウォルコットとのワンツーから汚名返上のゴールを挙げ1点を返すと、続く後半32分には右サイドを突破したエボエからのクロスにまたもバプティスタがゴールに流し込んでついに同点に追いついた。 これでバプティスタは前節リバプール戦に続いて2試合連続ハットトリック??達成。

 その後は両者譲らず、第1戦は2−2の引き分けで終了。 第2戦は1月31に行われ、勝者が2月25日に決勝でチェルシーと対戦する。

 <以下試合結果>

●トッテナム 2−2 アーセナル
(ト)ベルバトフ12、バプティスタ21o.g.
(ア)バプティスタ64&77

Tottenham: Robinson, Chimbonda, Dawson, Gardner, Assou-Ekotto, Lennon, Zokora, Huddlestone, Malbranque, Berbatov (Keane 18), Defoe (Mido 81).
Subs Not Used: Cerny, Young-Pyo Lee, Ghaly.

Arsenal: Almunia, Hoyte, Toure, Senderos, Traore, Denilson, Fabregas, Diaby (Hleb 56), Julio Baptista, Aliadiere (Eboue 60), Walcott, Hleb (Flamini 81).
Subs Not Used: Poom, Randall.

Apple Store(Japan)

|

« チェルシー、主将DFテリーがプレミア最高給取りへ! | トップページ | カーリング杯ハイライト、準決勝 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/5064826

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング杯準決勝第1戦、結果(24日)意地のぶつかり合い!両者譲らず:

« チェルシー、主将DFテリーがプレミア最高給取りへ! | トップページ | カーリング杯ハイライト、準決勝 »