« エバートン、主力3選手が週末のリバプール戦で復帰へ | トップページ | マンU、FWサハ&ロナウドが次節ワットフォード戦で復帰へ »

2007年1月31日 (水)

トッテナム、主将DFキングが怪我を再発?準決勝アーセナル戦欠場へ

King291206 Spurs skipper suffers setback
 足の怪我のために昨年末から戦列を離れているトッテナムのイングランド代表DF、レッドリー・キング(26)。 すでにチーム練習に復帰していたが患部に痛みが再発し、31日に行われるカーリング杯準決勝第2戦のアーセナル戦を欠場する可能性がでてきた。

 トッテナムのヨル監督は、

 「彼はもう一度精密検査を受ける。まだ痛みがあるようだ。それが悩みの種だよ」

 「当初、彼の怪我は打撲だった。打撲は2週間でプレーできる」

 「しかし、まだ痛みがあるということは何かおかしい」

 「何もないことを祈っている」とコメントしている。

HMVジャパン

|

« エバートン、主力3選手が週末のリバプール戦で復帰へ | トップページ | マンU、FWサハ&ロナウドが次節ワットフォード戦で復帰へ »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/5147210

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、主将DFキングが怪我を再発?準決勝アーセナル戦欠場へ:

« エバートン、主力3選手が週末のリバプール戦で復帰へ | トップページ | マンU、FWサハ&ロナウドが次節ワットフォード戦で復帰へ »