« ウィガン、DFボイドが肋骨骨折で離脱 | トップページ | リバプール、16歳MFスティーブンに興味 »

2007年3月 6日 (火)

アストンビラ、FWサットンが3度目の精密検査を受ける

_42370484_sutton203 Sutton awaiting eye test results
 昨年12月23日に行われたマンU戦の後半で転倒した際に脳しんとうを起こし、現在も視覚に障害が残っているアストンビラの元イングランド代表FW、クリス・サットン(33)が、専門医により3度目の精密検査を受けていたことがわかった。

 アストンビラのオニール監督は、

 「この検査により、医師は何らかの結論を出してくれるだろう」

 「彼の視界は完全にしたとは言えない。日常生活では何も支障をきたさないが、もしもまた頭を負傷したら、どうなるかわからない」

 「クリスはすでにチームに合流して接触のない練習をこなしている。とてもゆっくりな調整だし、彼はイライラしているだろうね」とコメントしている。

 当初は2月後半に戦列復帰するとみられていたサットンだが、今後の復帰は予定。

サウンドドック

|

« ウィガン、DFボイドが肋骨骨折で離脱 | トップページ | リバプール、16歳MFスティーブンに興味 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/5587869

この記事へのトラックバック一覧です: アストンビラ、FWサットンが3度目の精密検査を受ける:

« ウィガン、DFボイドが肋骨骨折で離脱 | トップページ | リバプール、16歳MFスティーブンに興味 »