« マンU、FWルーニーが膝の精密検査へ | トップページ | プレミアリーグハイライト、第29節 »

2007年3月 5日 (月)

プレミアリーグ、結果(4日)トッテナムが乱打戦を制す!

_42639715_defoe416 Barclays Premiership
 現地時間4日、プレミアリーグの2試合が行なわれ、ウェストハムとトッテナムのイースト・ロンドンダービーは激しい点の取り合いとなった。 まずはウェストハムが前半にFWテベスの今季初ゴールなどで2点をリード、しかし、後半に入るとトッテナムが反撃に出て2点を返して同点に追いついた。

 残留へ向けてどうしても勝利が欲しいウェストハムは、試合終了5分前に途中出場でピッチに入ったばかりのFWザモラがヘディングシュートで再び勝ち越しに成功するが、その4分後にはトッテナムのFWベルバトフがゴール正面からのFKを直接決めて再び同点へ。 そして、後半ロスタイムには勢いに乗るトッテナムのDFスタルテリが土壇場で決勝ゴールを決めて、4−3で逆転勝利を収めた。

 <全試合結果>以下をクリックしてご覧ください。

●ボルトン 1− ブラックバーン
(ボ)アネルカ87
(ブ)マッカーシーpen.58&pen.68

●ウェストハム 3− トッテナム
(ウ)ノーブル16、テベス41、ザモラ85
(ト)デフォーpen.51、タイニオ63、ベルバトフ89、スタルテリ90

|

« マンU、FWルーニーが膝の精密検査へ | トップページ | プレミアリーグハイライト、第29節 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/5568978

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアリーグ、結果(4日)トッテナムが乱打戦を制す!:

« マンU、FWルーニーが膝の精密検査へ | トップページ | プレミアリーグハイライト、第29節 »