« エバートン、インタートト杯出場へ | トップページ | マンU、FWスールシャールが再び膝の手術へ! »

2007年3月 3日 (土)

UEFA、リールの抗議をまたも却下!

Giggs_freekick Uefa rejects Lille appeal again
 リール(フランス)が20日に行われたチャンピオンズリーグのリール対マンチェスター・ユナイテッド戦で、決勝点となったマンUのFWギグスのゴール取り消しを求め、 UEFAに対して再審議を求めていた問題で、UEFAは一度目に引き続き、今回もそれらの訴えを却下し、マンUのゴールの正当性を認めた。

 UEFAのスポークスマンは、

 「主審からの報告書、VTR、競技規則などから協議した結果、UEFAはリールの訴えを拒否する判断を下した。技術的な問題は何も見つからなかった。よって、マンUの1−0勝利は変わらない」とコメントしている。

 これにより、ギグスのゴールは正式に認められ、再試合を行なう可能性はなくなった。

 問題となっていたのはリールのホームで行なわれた第1戦の後半38分、ゴール中央でFKのチャンスを得たマンUが、相手GKが味方選手に壁の位置を指示している最中にギグスが誰もいないゴール右隅にボールを流し入れ、それが決勝点となったことが問題となっていた。

 このゴールを不服としたリールの選手は主審に詰め寄り激しく抗議し、試合再開後にはゲームをボイコットする姿勢をみせる一幕もあった。

 しかし、試合後のギグス本人のインタビューによれば、ルーニーがボールをセットする際に、主審から「笛で壁を後ろに下げるか?」と聞かれ、ギグスは「いいえ」と答えたとしている。

 そのシーンはVTRでも確認することができ、主審はギグスに対して話しかけたあとに、返事を確認し、笛を吹かずに2、3歩後ろに下がっている。

 第2戦は7日にマンUのホーム、オールド・トラッフォードで行なわれる。

|

« エバートン、インタートト杯出場へ | トップページ | マンU、FWスールシャールが再び膝の手術へ! »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/5552962

この記事へのトラックバック一覧です: UEFA、リールの抗議をまたも却下!:

« エバートン、インタートト杯出場へ | トップページ | マンU、FWスールシャールが再び膝の手術へ! »