« アーセナル、フランス人MFペランに興味 | トップページ | チャールトン、No2のパーキンソン氏が2010年まで契約延長 »

2007年4月11日 (水)

エバートン、FWヴォーンのひざの怪我は軽傷

_42781177_vaughan203 Everton upbeat on Vaughan injury
 エバートンの元イングランドU-17代表FW、ジェームス・ヴォーン(18)が9日に行なわれたボルトン戦で相手選手と接触した際にひざを痛めて負傷退場し、検査の結果、膝の骨、靭帯等に異常はみられず、すでに退院していることがわかった。

 エバートンのモイーズ監督はここ2試合で2ゴールを挙げているヴォーンに対して、

 「私の知る限りでは、彼はこの検査結果を受けて、すぐにでも試合に出たがるだろうね。彼はそういうタフなハートを持った選手だ」

 「彼は大きな膝の故障から復帰し、それ以降は素晴らしい活躍を見せている」

 「その怪我で苦しんだ分、それを発散しているんだろうね」とコメントしている。

 ウォーンは2005年4月10日に行なわれたクリスタル・パレス戦で、17歳271日という若さでプレミアリーグを果たすと、その試合でいきなりゴールを決め、ジェームス・ミルナー(現ニューキャッスル)の持つプレミアリーグ最年少得点記録を塗り替えた。 なお、現在もその記録は破られていない。

|

« アーセナル、フランス人MFペランに興味 | トップページ | チャールトン、No2のパーキンソン氏が2010年まで契約延長 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/6049510

この記事へのトラックバック一覧です: エバートン、FWヴォーンのひざの怪我は軽傷:

« アーセナル、フランス人MFペランに興味 | トップページ | チャールトン、No2のパーキンソン氏が2010年まで契約延長 »