« プレミアリーグハイライト、第31節 | トップページ | ポーツマス、MFクラニチャールの来季残留を望む »

2007年4月 4日 (水)

レディング、正GKハーネマンが次節リバプール戦で復帰へ

Hahnemann Hahnemann undergoes scan
 レディングの元アメリカ代表GK,マーカス・ハーネマン(34)が1日に行なわれたトッテナム戦ででん部を痛めて前半のみで負傷退場したが、検査の結果、軽傷であることがわかり、7日に行なわれるリバプール戦に出場できる見込みとなった。

 レディングのフィジオを務めるジョン・フェーン氏は、

 「マーカスは以前からでん部の筋肉に問題を抱えている。しかし、今回痛めたのはこれまでとは違う個所だ」

 「3日にスキャン検査を行なったが、深刻な怪我ではないことがわかったし、すでに回復に向かっている」とコメントしている。

|

« プレミアリーグハイライト、第31節 | トップページ | ポーツマス、MFクラニチャールの来季残留を望む »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/5965535

この記事へのトラックバック一覧です: レディング、正GKハーネマンが次節リバプール戦で復帰へ:

« プレミアリーグハイライト、第31節 | トップページ | ポーツマス、MFクラニチャールの来季残留を望む »