« マンC、アシスタントコーチのウィグリー氏も辞任 | トップページ | ボルトン、スロバキアU-21代表FWハルサニイを完全移籍で獲得 »

2007年5月17日 (木)

エバートン、MFケーヒルがアジア杯で戦列復帰に意欲

Cahill050506_1 Cahill targets Asian Cup return for Socceroos 
 3月3日に行われたシェフィールドU戦で第5中足骨(足の甲)を骨折し、以降欠場が続いているエバートンのオーストラリア代表MF、ティム・ケーヒル(27)だが、7月から行なわれるアジア杯での戦列復帰を照準にしているもよう。

 すでに母国オーストラリアに戻ってリハビリに励んでいるケーヒルは、

 「復帰を急ぐつもりはないけど、確かな感触はある」

 「私は常に前向きに取り組んできた。今はアジア杯出場を目標としている」

 「同大会は単なる遊びじゃない。我々にとってはW杯の次に重要な大会だと思っている。そして我々には優勝をつかみ取る大きなチャンスがある」とコメントしている。

BuyMa(バイマ)×The OCキャンペーン

|

« マンC、アシスタントコーチのウィグリー氏も辞任 | トップページ | ボルトン、スロバキアU-21代表FWハルサニイを完全移籍で獲得 »

ニュース」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/6240013

この記事へのトラックバック一覧です: エバートン、MFケーヒルがアジア杯で戦列復帰に意欲:

« マンC、アシスタントコーチのウィグリー氏も辞任 | トップページ | ボルトン、スロバキアU-21代表FWハルサニイを完全移籍で獲得 »