« エバートン、トゥーレ弟に興味! | トップページ | リバプール、ミリート弟に次いで兄にも興味! »

2007年6月13日 (水)

U-21イングランド代表、腰負傷のMFリチャードソンは大事に至らず次節出場可能

Kieranrichardsonget_468x450 Richardson frustrated by poor form and back injury
 マンチェスター・ユナイテッドのU-21イングランド代表MFキーラン・リチャードソン(22)が11日に行なわれたU-21欧州選手権のチェコ戦で腰を痛めて負傷退場したが、軽傷のために次節イタリア戦(17日)には出場できる見込みとなった。

 一時は交代時に監督と目を合わさずに控え室に消えた為に不仲説も噂されたがリチャードソンは、

 「監督に不満があったわけではないよ。私はすぐに治療を受ける為に控え室へ直行したんだ」

 「あの時は腰に痛みを抱えていたが、数日間休めば大丈夫。次節には出場できると思うよ」とコメントしている。

|

« エバートン、トゥーレ弟に興味! | トップページ | リバプール、ミリート弟に次いで兄にも興味! »

イングランド代表」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/6768304

この記事へのトラックバック一覧です: U-21イングランド代表、腰負傷のMFリチャードソンは大事に至らず次節出場可能:

« エバートン、トゥーレ弟に興味! | トップページ | リバプール、ミリート弟に次いで兄にも興味! »