« リバプール、マンCの若手MFジョンソンに興味 | トップページ | ファウラー、シドニーFCのオファー断る »

2007年7月20日 (金)

U-21イングランド代表、ピアス監督が正式に就任

Pearce named England U21 managerPearce190707
 元マンチェスターシティー監督のスチュアート・ピアス氏が、U-21イングランド代表監督に正式に就任する事が決まった、契約期間は2年。

 ピアス氏は臨時監督として今年1月からU-21の指揮をとっており、先月行われたU-21欧州選手権でも準決勝進出と結果を残してきた。

 ピアス氏は『BBC』で、

 「正式に監督就任という事で、他クラブや代表のコーチ陣ともより良い関係を築けるだろうね」

 「2009年に行われる欧州選手権予選などが本当に楽しみだよ。将来のイングランド代表を育てるために、一生懸命頑張る」

 「先月の欧州選手権を戦えたのはとても名誉な事であり、そのうちの何名かは2009年大会の主力になる選手がいる」とコメントしている。

 FAのディレクター、トレバー・ブルッキング氏は先月の大会でピアス監督には脱帽したという。

 「ピアス監督は本当に素晴らしい手腕をみせていた。オランダにくしくも敗れたが、決勝の一歩手前までいったんだからね」

 「彼は選手としても成功し、今は監督でも成功している。彼には本当に期待している」と述べている。

 Written by motoG

サッカーショップ加茂  New! 07-09イングランドホームユニフォーム

|

« リバプール、マンCの若手MFジョンソンに興味 | トップページ | ファウラー、シドニーFCのオファー断る »

イングランド代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/7208838

この記事へのトラックバック一覧です: U-21イングランド代表、ピアス監督が正式に就任:

« リバプール、マンCの若手MFジョンソンに興味 | トップページ | ファウラー、シドニーFCのオファー断る »