« リバプール、若手フランス人GKイタンジェと合意 | トップページ | アストンビラ、オニール監督が対リバプール戦の主審を批判 »

2007年8月13日 (月)

ポーツマス、ベテランDFキャンベルが代表復帰に意欲

Campbell_face_1 Campbell thrilled by England link
 来月上旬に控えたEURO'08予選の大一番、対ポーランド戦に向けたイングランド代表のメンバーに、ポーツマスの元イングランド代表DFソル・キャンベル(32)が、マクラーレン監督就任後初めて招集される可能性が高くなったが、キャンベル自身も代表復帰に意欲を燃やしている。

 キャンベルは、

 「もしその時が来たら、そのチャンスを掴みたい」

 「私はこれまでに長いこと代表でプレーしてきた。もちろん、もう一度チャンスを得たい」とコメントしている。 

 今月22日にウェンブリーで国際親善試合のドイツ戦を控えたイングランド代表だが、新シーズン開幕を迎えたこの時期にDF陣が怪我でほぼ全滅。 主力のセンターバックはマンUのDFリオ・ファーディナントだけとなった。

 チェルシーのDFジョン・テリー、ミドルズブラのDFジョナサン・ウッドゲート、トッテナムのDFレッドリー・キングは共に膝の怪我により戦列を離れており、リバプールのDFジェイミー・キャラガーは先日代表引退を表明したばかり。

 昨シーズンのポーツマスでの活躍に代表復帰が囁かれていたャンベルは、これまでに通算69試合に出場しており、招集されれば約1年ぶりの復帰となる。

サッカーショップ加茂  New! 07-09イングランドホームユニフォーム

|

« リバプール、若手フランス人GKイタンジェと合意 | トップページ | アストンビラ、オニール監督が対リバプール戦の主審を批判 »

イングランド代表」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/7517173

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマス、ベテランDFキャンベルが代表復帰に意欲:

« リバプール、若手フランス人GKイタンジェと合意 | トップページ | アストンビラ、オニール監督が対リバプール戦の主審を批判 »