« EURO'08予選ハイライト、第9節 | トップページ | ウィガン、MFヴァレンシアが膝の手術へ »

2007年9月14日 (金)

バーミンガム、シエラ・レオーネ代表FWカロンの獲得を断念

Blues decide against Kallon deal
 今夏にモナコ(フランス)を退団し、現在は自由契約選手となっているシエラ・レオーネ代表の主将FWモハメド・カロン(27)は、バーミンガムの練習に参加していたが、英国労働許可証の取得が困難であるため、バーミンガムは獲得を断念したもよう。

 バーミンガムのブルース監督は、

 「カロンは我々の練習に参加していたが、労働許可証の取得がかなり困難である事がわかった」

 「我々が彼を獲得出来る確率は、かなり低い。よって、モハメドが新しいクラブを探せる事を祈るしかない」とコメントしている。

 過去にインテルに在籍し、54試合で14ゴールをマークしたカロンの獲得には他にもダービー、ウィガン、ミドルズブラ,フラムなどが興味を示していた。

|

« EURO'08予選ハイライト、第9節 | トップページ | ウィガン、MFヴァレンシアが膝の手術へ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/7934549

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、シエラ・レオーネ代表FWカロンの獲得を断念:

« EURO'08予選ハイライト、第9節 | トップページ | ウィガン、MFヴァレンシアが膝の手術へ »