« チェルシー、U-21セルビア代表DFイヴァノヴィッチに興味 | トップページ | アーセナル、GKレーマンが代表戦で肘を負傷 »

2007年9月12日 (水)

Preview、『ヒディンクに物申す!?』

 現在ロシア代表を率いているヒディンクがイングランド戦は攻撃的に臨むことを示唆した。勝利宣言とも思えるコメント。自信の表れだろう…そんなヒディンクに一言、二言…思い切って五言物申す!!

①    ランパード、ハーグーリーブスのことを忘れさせてくれるバリーの活躍

→ロシア戦もこの二人が欠場することが決まってしまった。そんなことを忘れさせてくれる活躍を披露しているのがバリーだ。彼がいる限り中盤は安心だろう。恐らくジェラードと組んでスタメン出場することが濃厚。キープレーヤーに挙げていいのではないだろうか。

②    帰ってきたオーウェン&ヘスキー

→先日のイスラエル戦でコンビが復活したオーウェン&へスキー。クラウチが戻ってくるとはいえ、元リバプール2トップでロシア戦に臨むに違いない。ジェラードもこの二人を絶賛。得点が期待される。

③    リチャーズの台頭

→長年、右サイドバックはG・ネビルの指定席だった。彼が怪我をして欠場しているとはいえ、ポジション奪取したと言っていいほどのプレーを続けているのが、リチャーズだ。守備も出来、攻撃も及第点のプレーが可能。現在のところ、文句の付けようがない。

④    ウェンブリーの熱気、

→新ウェンブリーは毎試合異様な熱気に包まれている。そして、先日の勝利でポジティブな雰囲気になった。これらの声援がある限り、プレーヤーは能力を発揮することができるだろう。ヒディングの最大の敵と言っても過言ではない。

⑤    追う立場、追われる立場

→不調、不調と言われ続けてきたスリー・ライオンズ。しかし、気がつけば好調ロシアに勝ち点差1に迫っている。追う立場、追われる立場…メンタルの問題になってくるだろうが、追う立場であり、ホームで試合を行うことが出来るイングランドが有利なのは明らかだ。心理戦にも要注目。

 最後に…ヒディングよ、心してウェンブリーにお越し下さい!!

 Whitten by りんたろう from My Football -Rintaro's pitch-

サッカーショップ加茂  New! 07-09イングランドホームユニフォーム

|

« チェルシー、U-21セルビア代表DFイヴァノヴィッチに興味 | トップページ | アーセナル、GKレーマンが代表戦で肘を負傷 »

イングランド代表」カテゴリの記事

コメント

倒しましょう!必ずね↑

投稿: TAKA | 2007年9月12日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/7907954

この記事へのトラックバック一覧です: Preview、『ヒディンクに物申す!?』:

« チェルシー、U-21セルビア代表DFイヴァノヴィッチに興味 | トップページ | アーセナル、GKレーマンが代表戦で肘を負傷 »