« アストンビラ、DFガードナーが次節マンU戦で復帰へ | トップページ | マンU、守護神ファンデルサールが新契約交渉へ »

2007年10月16日 (火)

マンC、FWビアンキとGKイサクソンが1月退団を示唆

Angry Blues to quit Sven's set-up
 マンチェスター・シティーのイタリア代表FWロナルド・ビアンキ(24)と、スウェーデン代表GKアンドレアス・イサクソン(26)の2選手が、十分な出場機会を得られていないことを理由に、1月の移籍マーケットでの退団を示唆している。

 ビアンキは、

 「私はベンチを温めているだし、今後のことを考えなければならない」

 「12月までは決断を保留するが、もしこの状況が変わらなければ、去就を考える。5−10分しか出場機会が与えられないのは、好きではない」とコメントしている。

 またマンCでは今夏、正GKを務めていたスウェーデン代表GKアンドレアス・イサクソン(25)が怪我で離脱、その隙にマンUで活躍した伝説のGKピーター・シュマイケルの息子、カスパー・シュマイケルが急きょゴールマウスを守り、開幕から3戦連続で無失点に抑え、今季チームの躍進に大きく貢献している。

 すでに怪我から復帰を果たしているイサクソンだが、エリクソン監督はシュマイケルを起用し続けており、イサクソンは起用法に不満を抱えている。

|

« アストンビラ、DFガードナーが次節マンU戦で復帰へ | トップページ | マンU、守護神ファンデルサールが新契約交渉へ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/8456422

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、FWビアンキとGKイサクソンが1月退団を示唆:

« アストンビラ、DFガードナーが次節マンU戦で復帰へ | トップページ | マンU、守護神ファンデルサールが新契約交渉へ »