« U-21イングランド代表、MFジョンソン&DFガードナーが離脱 | トップページ | FIFA、"ゴールマウス審判員"の試験的導入を決定! »

2007年10月10日 (水)

マンC、新鋭MFジョンソンが足の付け根を手術か!?

Johnson calls up Owen's surgeon
 今季躍進を続けるマンチェスター・シティーで、その原動力となっているU-21イングランド代表MFマイケル・ジョンソン(19)が、7日に行なわれたミドルズブラ戦の後半に足の付け根を痛め、今後手術を受ける可能性がでてきた。

 マンCのエリクソン監督は、

 「マイケル・ジョンソンは足の付け根を痛め、きちんとした練習には参加していない」

 「彼は前々から患部に痛みを抱え、手術が必要かどうか、専門科の診断を受ける予定だ」とコメントしている。

 ジョンソンは今後ドイツに渡り、オーウェンとベラミーを担当した主治医、名医として知られているUlrike Muschaweck医師から手術を受ける見込みとなった。

 なお、同選手は12日に行なわれるU-21欧州選手権'09予選のモンテネグロ戦と、16日のアイルランド戦を欠場することになった。

モノ・マガジン オンライン

|

« U-21イングランド代表、MFジョンソン&DFガードナーが離脱 | トップページ | FIFA、"ゴールマウス審判員"の試験的導入を決定! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/8322165

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、新鋭MFジョンソンが足の付け根を手術か!?:

« U-21イングランド代表、MFジョンソン&DFガードナーが離脱 | トップページ | FIFA、"ゴールマウス審判員"の試験的導入を決定! »