« イングランド代表、マクラーレン監督『ロビンソンが未だNo.1だ!』 | トップページ | アーセナル、ウェストハムのGKグリーンに興味 »

2007年10月10日 (水)

ニューカッスル、FWオーウェンがアラーダイス監督の不安を退ける

Owen confirms return from injury
 ニューカッスルのイングランド代表FWマイケル・オーウェン(27)は、同クラブのサム・アラーダイス監督に対して今回のエストニア戦、ロシア戦の出場に関して問題はないと語った。

 アラーダイス監督は先日、9日前に手術を受けて復帰したばかりのオーウェンの状態が心配だと語っていた。

 これに対してオーウェンは、

 「なぜ僕がプレーできないのか分からない。外科医の先生も何も悪いことはないと言っていた」

 オーウェンは土曜日のウェンブリースタジアムでのエストニア戦、モスクワでのロシア戦で鍵となるプレーヤーになるだろうといわれている。

 アラーダイス監督は、先日のイングランドの試合でオーウェンが怪我を負ったと主張しているが、オーウェン自身はその前から負傷していたと強調している。

 オーウェンは続けて、

 「監督が、その国際試合で僕が怪我を負ったと言っているのは知ってるさ。でも、僕はそれ以前から痛みを抱えながらプレーしていたんだ。これまで、6週間にわたって痛みを感じていたが、今は大丈夫だよ」と話している。

 また、オーウェンのチームメートのFWアラン・スミスも、アラーダイス監督が若干の膝の問題を認めたが、代表チームに合流している。

 Written by セネガル

|

« イングランド代表、マクラーレン監督『ロビンソンが未だNo.1だ!』 | トップページ | アーセナル、ウェストハムのGKグリーンに興味 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/8333364

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカッスル、FWオーウェンがアラーダイス監督の不安を退ける :

« イングランド代表、マクラーレン監督『ロビンソンが未だNo.1だ!』 | トップページ | アーセナル、ウェストハムのGKグリーンに興味 »