« マンU、若手MFギブソンが期限付きでウォルブスに移籍 | トップページ | Review、『アンフィールドに漂う不満』 »

2007年10月 9日 (火)

ニューカッスル、アラーダイス監督はFWオーウェンの怪我を心配

Owen dismisses Allardyce concerns
  ニューカッスルのイングランド代表FWマイケル・オーウェン(27)は先日、鼠けい部の手術を受けたばかりだが、手術からわずか9日後のエバートン戦で復帰した。

 今回、イングランド代表に招集され、土曜日と17日にエストニア戦、ロシア戦に臨むオーウェンだが、ニューカッスルのアラーダイス監督は同選手の怪我の具合を心配している。

 「そのような短期間で彼が2試合プレーするということが良いかは分からない。これは私の決断ではないのだから、けれど、私からマクラーレン監督には問いかけるつもりだよ。」とコメントしている。

 Written by セネガル

|

« マンU、若手MFギブソンが期限付きでウォルブスに移籍 | トップページ | Review、『アンフィールドに漂う不満』 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/8315222

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカッスル、アラーダイス監督はFWオーウェンの怪我を心配:

« マンU、若手MFギブソンが期限付きでウォルブスに移籍 | トップページ | Review、『アンフィールドに漂う不満』 »