« CL、マンU対ASローマ戦の選手採点 | トップページ | フラム、スタジアムを4000シート増席へ »

2007年10月 4日 (木)

バーミンガム、主将MFジョンソンが再離脱

Johnson suffers fresh injury blow
 プレシーズンマッチでハムストリングを負傷し、以降欠場が続いているバーミンガムで主将を務める北アイルランド代表MFダミアン・ジョンソン(28)が、1日に行なわれたリザーブリーグのウェストハム戦で再び同箇所に違和感を訴え、故障者リストに名を連ねた。

 バーミンガムのブルース監督は、

 「彼とっては悪夢だ」

 「このようなことはフットボールの世界では度々起こりえる事だ。そしてジョンティー(ジョンソンの愛称)はそれに打ち勝つ精神力を持っている」とコメントしている。

 ジョンソンは8月6月に行なわれたプレシーズンマッチのワルシャル戦でハムストリングを痛めて以降戦列を離れている。

|

« CL、マンU対ASローマ戦の選手採点 | トップページ | フラム、スタジアムを4000シート増席へ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/8234394

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、主将MFジョンソンが再離脱:

« CL、マンU対ASローマ戦の選手採点 | トップページ | フラム、スタジアムを4000シート増席へ »