« アーセナル、DFトゥーレ『我々は彼をガットゥーゾと呼ぶ!』 | トップページ | リバプール、MFキューウェルがチーム練習に合流へ »

2007年10月12日 (金)

イングランド代表、主将テリーがエストニア戦を欠場へ

Campbell poised to replace Terry
 チェルシーのイングランド代表主将DFDFジョン・テリー(26)が、10日の練習中に膝を負傷し、検査の結果、13日に行なわれるEURO'08予選のエストニア戦を欠場する可能性が高くなった。

 テリーはほお骨を陥没骨折しているためにフェイスマスクを着用して土曜日の試合に臨む予定であったが、10日の練習中に膝を痛め、すぐに病院で精密検査を行なった。 検査の結果、怪我は深刻な物ではないことが明らかになったが、大事をとってエストニア戦を欠場し、17日に行なわれるロシア戦に備える可能性が高いとみられている。

 なお、代役としてはポーツマスのベテランDFソル・キャンベル(33)が起用されることが濃厚で、出場すれば2004年のW杯ドイツ大会のスウェーデン戦以来となる、16ヶ月ぶりの代表復帰となる。

 また、イングランド代表ではDFテリーを含め、DFファーディナント、DFアシュリー・コール、DFウェズ・ブラウン、MFジョー・コールは同大会ですでに1枚のイエローカードを受けているため、エストニア戦でもう1枚の警告を受けると、17日に行なわれる大一番のロシア戦に出場できなくなる。

PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)

|

« アーセナル、DFトゥーレ『我々は彼をガットゥーゾと呼ぶ!』 | トップページ | リバプール、MFキューウェルがチーム練習に合流へ »

イングランド代表」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/8372674

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド代表、主将テリーがエストニア戦を欠場へ:

« アーセナル、DFトゥーレ『我々は彼をガットゥーゾと呼ぶ!』 | トップページ | リバプール、MFキューウェルがチーム練習に合流へ »