« クロアチア代表MFクラニチャールがイングランドに警告! | トップページ | ウェストハム、MFボウヤーが練習再開 »

2007年11月20日 (火)

ポーツマス、DFプライマスの手術が成功

Primus optimistic after surgery
 ポーツマスのDFリンヴォイ・プライマス(33)が、米国・コロラドに渡り、ひざ治療の世界的権威として知られるリチャード・ステッドマン医師の手術を受け、手術は成功に終わったもよう。

 プライマスは、

 「手術はとてもスムーズに終わった。ステッドマン医師も経過には喜んでいる」とコメントしている。

 今夏に2009年までの新契約にサインしたプライマスは昨シーズン、DFソル・キャンベルとセンターバックでコンビを組み、鉄壁の守備でチームの躍進に大きく貢献した。 また、シーズンを通じて欠場したのはわずかに2試合と、その鉄人ぶりも発揮した。

 しかし、ひざの怪我の状態は同選手の選手生命を脅かすまでに深刻であり、9月にはリザーブリーグで2試合に出場し、トップチームでの戦列復帰も間近に迫っていたが、再び患部に違和感を訴え、2度目の手術はステッドマン医師に託した。

|

« クロアチア代表MFクラニチャールがイングランドに警告! | トップページ | ウェストハム、MFボウヤーが練習再開 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9033457

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマス、DFプライマスの手術が成功:

« クロアチア代表MFクラニチャールがイングランドに警告! | トップページ | ウェストハム、MFボウヤーが練習再開 »