« マンU、ファーガソン監督がボルトンFWアネルカに接触していた事を明らかに | トップページ | イングランド代表、DFテリーがモウリーニョ氏のイングランド代表監督就任を望む »

2007年11月24日 (土)

ファーガソン監督、マクラーレン元代表監督に『イングランド代表監督には若すぎた!』

United boss Ferguson: I told McClaren he was too young to be England manager
 マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が、先日のEURO'08予選敗退をうけ、イングランド代表を解任された元アシスタントでもあるスティーブ・マクラーレン氏について、イングランド代表監督になるのは次期が早すぎたと自身の見解をみせた。

 ファーガソン監督は、

 「もちろん彼はショックを乗り越え現場復帰するはずだよ。彼だけがこのフットボール界でクビになった監督ではない。彼はまだ若いし、きっと現場復帰する」

 「私には何故FAがクロアチア戦の翌日8時半という朝早い時間に解任という決断を下したのか理解できない。イングランドの次の試合は次の2月までないのにね。私はFAはもうちょっと待つべきだったんじゃないかと思う」

 「彼が監督に就任する前に、まだ若すぎるんではないかとアドバイスしたんだけどね。代表監督というのは難しい仕事だよ、私が思うにジャック・ステイン(68年、78-85年のスコットランド代表監督)は年齢的にすごく完璧な時に代表監督を務めた」

 「彼はどこへ行っても、誰からも挨拶される存在で、きっちり記録なども作った。私が思うに代表監督というのは経験が必要な仕事なんだよ」とコメントしている。

 Written by motoG

|

« マンU、ファーガソン監督がボルトンFWアネルカに接触していた事を明らかに | トップページ | イングランド代表、DFテリーがモウリーニョ氏のイングランド代表監督就任を望む »

イングランド代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9084621

この記事へのトラックバック一覧です: ファーガソン監督、マクラーレン元代表監督に『イングランド代表監督には若すぎた!』:

« マンU、ファーガソン監督がボルトンFWアネルカに接触していた事を明らかに | トップページ | イングランド代表、DFテリーがモウリーニョ氏のイングランド代表監督就任を望む »