« リバプール、ベニテス監督がMFマスケラーノの完全移籍に自信 | トップページ | ボルトン、FWアネルカがビックラブへの移籍を示唆 »

2007年12月 8日 (土)

マンC、インテルのFWアドリアーノ獲得に動く

Man City ponder swoop for Adriano
 マンチェスター・シティーのオーナーを務めるタクシン氏は、インテル(セリエA)のブラジル代表FWアドリアーノ(25)の獲得に動いている事を明らかにした。

 タクシン氏は、

 「我々は彼を獲得できるか出来ないか話し合っている」

 「彼は世界最高のストライカーの1人だったが、彼は父親を亡くし、調子を落としてしまった。その為に体重も増えてしまったんだ」

 「しかし彼は今、復調しつつある」とコメントしている。

 一方でアドリアーノ自身は先日、英大衆紙『News of the World』で、

 「私はクラブと話し合い、来年1月に出て行くつもりだ」

 「私の第一希望はマンチェスター・シティーとエリクソン監督。そして、インテルはビアンキを狙っている」とコメントしている。

 今夏、調子がなかなか上がらないアドリアーノに対して、インテルのマッシモ・モラッティ会長は期限付きレンタル移籍で放出する考えがあることを明らかにし、マンC、ウェストハム、パルマ、ヴァレンシアなどが興味を示していていたが、結局アドリアーノはチームに留まった。

 インテルでは現在、アドリアーノ、イブラヒモヴィッチ、スアーゾ、クレスポ、フリオ・クルスらが2トップのポジションを競い合っている。

 マンCでは今夏にフィオレンティーナから加入したブルガリア代表FWヴァレリ・ボジノフが怪我により長期離脱を余儀なくされ、もう1人の新加入選手、イタリア代表FWロナルド・ビアンキ(24)は、十分な出場機会を得られていないことを理由に、1月の移籍マーケットでの退団を示唆している。

 ビアンキはレッジーナに所属していた昨季、セリエAで37試合に出場して17ゴールを挙げ、得点ランキング2位でシーズンを終えた。 そして、今季開幕前にそのレッジーナから移籍金約22億円でマンCに加入したが、十分な出場機会は与えられていない。

 そのため、現段階ではアドリアーノとビアンキがトレードする可能性が高いとみられている。

|

« リバプール、ベニテス監督がMFマスケラーノの完全移籍に自信 | トップページ | ボルトン、FWアネルカがビックラブへの移籍を示唆 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9305669

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、インテルのFWアドリアーノ獲得に動く:

« リバプール、ベニテス監督がMFマスケラーノの完全移籍に自信 | トップページ | ボルトン、FWアネルカがビックラブへの移籍を示唆 »