« レディング、DFソジェ&ベネットを呼び戻しへ | トップページ | ウェストハム、FWベラミーの2度目の手術は回避 »

2007年12月21日 (金)

エバートン、FWファンデルメイデがまたもや怪我で離脱

New blow for Van der Meyde
 エバートンの元オランダ代表FWアンディー・ファン・デル・メイデ(27)が、練習中にスネを13針縫う怪我を負い、再び戦列を離れることになった。

 エバートンのモイーズ監督は、20日に行なわれたUEFA杯のAZアルクマール戦で同選手を起用する予定であった事を明かし、

 「我々はアンディーをプレーさせたかった。しかし、彼はスネを深く傷つけてしまい、手術で13針を縫った」

 「彼が復帰できるチャンスはまだある。彼の回復を祈るしかない」

 「彼は素晴らしい才能を持っていて、もう一度輝きを取り戻せるだろう」とコメントしている。

 ファンデルメイデは2005年にインテルからエバートンに加入し、その後怪我に悩まされたこともあり、2年間でわずかリーグ戦18試合にしか出場しておらず、今季に限っては未だトップチームでの出場を果たしていない。

 そして、今年8月には起用法を巡ってモイーズ監督を批判、クラブから1週間の謹慎処分に加え、罰金処分を科せられている。

|

« レディング、DFソジェ&ベネットを呼び戻しへ | トップページ | ウェストハム、FWベラミーの2度目の手術は回避 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9498589

この記事へのトラックバック一覧です: エバートン、FWファンデルメイデがまたもや怪我で離脱:

« レディング、DFソジェ&ベネットを呼び戻しへ | トップページ | ウェストハム、FWベラミーの2度目の手術は回避 »