« マンU、レディングのDFショーリーに興味 | トップページ | マンU、DFブラウンが契約延長を拒否! »

2007年12月 8日 (土)

マンU、主将DFネビルの復帰が遠のく

Neville suffers new injury blow
 12日に行なわれるUEFAチャンピオンズリーグのASローマ戦で待望の戦列復帰を果たすとみられていた、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFギャリー・ネビル(32)だが、練習中に再び違和感を訴え、またもや復帰が遅れることになった。

 マンUのファーガソン監督は、

 「とてもガッカリしている。彼は再び専門医の診断を受けることになった。しかし、怪我は深刻なものではない」とコメントしている。

 ネビルは3月17日に行なわれた昨シーズンのボルトン戦で右足首の靭帯を痛めて以降、長期に渡り戦列を離れ、復帰が近づいてはふくらはぎ痛を再発させるなど、何度も再離脱を繰り返していた。

 11月1日に行なわれたシニア杯のストックポート戦(6−1)では、イエローカード1枚、オウンゴール献上という苦い結果は残したものの、実戦復帰を果たし、トップチームへの復帰目前とみられていたが、同試合後に再びふくらはぎに違和感を訴えていた。


エリック・カントナ 直筆サインメモラビリア

|

« マンU、レディングのDFショーリーに興味 | トップページ | マンU、DFブラウンが契約延長を拒否! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9302629

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、主将DFネビルの復帰が遠のく:

« マンU、レディングのDFショーリーに興味 | トップページ | マンU、DFブラウンが契約延長を拒否! »