« プレミア数クラブ、ベルギー代表DFファン・ブイテン興味 | トップページ | チェルシー、ポルトガル代表DFミゲルに興味 »

2008年1月14日 (月)

チェルシー、主将DFテリーが復帰に向けて精密検査へ

Terry set for scan and wants Beckham to captain England
 12月16日に行なわれたアーセナル戦で足を骨折し、以降欠場か続いているチェルシーのイングランド代表DFジョン・テリー(27)が、14日に怪我の経過を調べる為に、精密検査を受けることになった。

 また、イングランド代表は2月6日に国際親善試合、カッペロ新監督の初陣となる対スイス戦を控えており、テリーの復帰が注目される。

 テリーは、

 「もう2−3週間で復帰できると思う。精密検査で詳しく分かるよ」

 しかし、テリーは同試合に間に合わなかった場合、スイス戦で代表通算100試合目を迎えるMFデイビッド・ベッカムにもう一度キャプテンマークを付けて欲しいと語った。

 「彼がアーセナルでトレーニングに励んでいることは良いことだ」

 「彼の状態はいいし、もう数年はトップレベルでプレーできるだろう」

 「彼は通算100試合目を目前としているが、さらに先あるはずだ」

 「その試合で彼がキャプテンマークを付けれたらいいね。家族の為にも素晴らしいことだろう」とコメントしている。


EURO予選クロアチア戦(2007.11.21)17 BECKHAMマーキング 代表通算99試合目

|

« プレミア数クラブ、ベルギー代表DFファン・ブイテン興味 | トップページ | チェルシー、ポルトガル代表DFミゲルに興味 »

イングランド代表」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9878747

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、主将DFテリーが復帰に向けて精密検査へ:

« プレミア数クラブ、ベルギー代表DFファン・ブイテン興味 | トップページ | チェルシー、ポルトガル代表DFミゲルに興味 »