« ボルトン、アストンビラの若手DFケーヒルに興味 | トップページ | ダービー、リーズ側がFWベックフォードの放出を望まず »

2008年1月15日 (火)

バーミンガム、エバートンのFWマクファデンへの2度目のアプローチも失敗

Blues' fresh McFadden bid rejected
 バーミンガムはエバートンのスコットランド代表FWジェームス・マクファデン(24)に対して、今冬2度目となる移籍金約6億円のオファーを提示したが、そのオファーはエバートン側に断られたもよう。 

 バーミンガムでは今シーズン途中にスコットランド代表を率いていたアレックス・マクリーシュ氏が新監督に就任、同国代表でエースとして活躍するマクファデンの獲得を強く望んでおり、先週に移籍金5億円オファーを提示したが、UEFAカップに出場しているエバートン側は移籍金12億円前後を望んでおり、放出を拒んだとされている。

 マクファデンは2004年にマザーウェル(スコットランド)から移籍金2億5千万円でエバートンに加入、以降はレギュラーとして活躍し、スコットランド代表としてもEURO'08予選でフランスを撃破するゴール決めるなど結果を残している。

 なお、同選手の獲得にはセルティックも興味を示している。

|

« ボルトン、アストンビラの若手DFケーヒルに興味 | トップページ | ダービー、リーズ側がFWベックフォードの放出を望まず »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9904181

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、エバートンのFWマクファデンへの2度目のアプローチも失敗:

« ボルトン、アストンビラの若手DFケーヒルに興味 | トップページ | ダービー、リーズ側がFWベックフォードの放出を望まず »