« アストンビラ、レディングのFWドイルに興味 | トップページ | ニューカッスル、17歳のDFトーザーを獲得! »

2008年1月 8日 (火)

アストンビラ、GKソーレンセンが退団を示唆

Sorensen to quit Villa
 アストンビラで出場機会を失っているデンマーク代表GKトーマス・ソーレンセン(31)が、クラブとの新契約を拒否し、1月に退団する可能性を示唆した。

 ソーレンセンは、

 「私はここから出て行きたい。なぜなら、試合でプレーしたいからだ」

 「代表チームでの定位置を確保したいのと、レギュラーとして毎週試合に出たいのが理由だ」

 「私は引退が間近に迫った選手なんかではない」とコメントしている。

 今季開幕前にリバプールから期限付きレンタル移籍でイングランド代表GKスコット・カーソン(21)が加入した事により、出場機会を失ったソーレンセンは、2003年にサンダーランドから移籍金5億円でアストンビラに加入し、ここ数年は正GKを務めてきた。

 しかし、同選手は開幕直前のプレシーズンマッチ(トロント戦)でハムストリングを痛め、8月11日の開幕戦(対リバプール)を欠場、その後復帰までは4週間前後がかかり、その間に正GKの座をカーソンに奪われる形となった。

 なお、同選手は昨季29試合に出場していた。

|

« アストンビラ、レディングのFWドイルに興味 | トップページ | ニューカッスル、17歳のDFトーザーを獲得! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/9772900

この記事へのトラックバック一覧です: アストンビラ、GKソーレンセンが退団を示唆:

« アストンビラ、レディングのFWドイルに興味 | トップページ | ニューカッスル、17歳のDFトーザーを獲得! »