« トッテナム、セビージャの若手MFカペルに興味 | トップページ | マンU、ポルトガル代表DFボシングワに興味 »

2008年2月 3日 (日)

アーセナル、ベンゲル監督はFWファンペルシの復帰を急がず

Wenger won't rush Van return
 太腿の怪我を再発させ、間近とみられていた戦列復帰が遠のいているアーセナルのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(24)だが、ベンゲル監督は同選手の復帰を急がすつもりはないと語った。

 ベンゲル監督は、

 「彼が怪我を再発させた後、我々は彼の復帰を急がせない事を決めた。全ては上手くいっている」

 「彼の復帰の目処をたてるつもりもない。もし、それよりも復帰が遅れたら、焦ってしまうからね」とコメントしている。

 ファンペルシは1月上旬に行われたカーリング杯準決勝第1戦の対トッテナム戦に出場した際に、再び患部に違和感を訴え、現在はその状態が思わしくないもよう。

 ちなみに、ファンペルシが最後に90分プレーしたのは10月7日に行なわれたホームのサンダーランド戦、その試合では同選手が2ゴールを決めてチームも3−2で勝利を収めた。 しかし、その後の国際マッチウィークで膝を負傷し、それ以降欠場が続いている。


セスク・ファブレガス直筆サイン   アーセナル '07-'08 ホーム半袖ユニフォーム

|

« トッテナム、セビージャの若手MFカペルに興味 | トップページ | マンU、ポルトガル代表DFボシングワに興味 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/10240675

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、ベンゲル監督はFWファンペルシの復帰を急がず:

« トッテナム、セビージャの若手MFカペルに興味 | トップページ | マンU、ポルトガル代表DFボシングワに興味 »