« リバプール、シャルケのDFラフィーニャに興味 | トップページ | プレミアリーグ、結果(24日)ブラックバーン&アストンビラが勝利! »

2008年2月25日 (月)

バーミンガム、主将MFテイラーがエドゥアルドにお見舞いで謝罪

Taylor makes Eduardo visit
 23日に行なわれたバーミンガム対アーセナル戦で、前半開始3分にバーミンガムの主将MFマーティン・テイラーが、アーセナルのクロアチア代表FWエドゥアルド・アルベス・ダ・シルヴァ(24)にタックルを仕掛け、足を骨折させるという事件が起こった。

 テイラーは試合後にエドゥアルドが搬送されたバーミンガム市内のSelly Oak病院を訪れ、本人に謝罪したと伝えられている。

 テイラーは試合が行なわれた土曜日の夜に病院に訪れたが、その日は面会を許可されなかったために、翌日の朝に出直し、エドゥアルド本人に面会して謝罪したと報じられている。


セスク・ファブレガス直筆サインフォト

|

« リバプール、シャルケのDFラフィーニャに興味 | トップページ | プレミアリーグ、結果(24日)ブラックバーン&アストンビラが勝利! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/10745492

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、主将MFテイラーがエドゥアルドにお見舞いで謝罪:

« リバプール、シャルケのDFラフィーニャに興味 | トップページ | プレミアリーグ、結果(24日)ブラックバーン&アストンビラが勝利! »