« アーセナル、MFロシツキーがCLのミラン戦を欠場へ | トップページ | ダービー、MFティールが期限付きでプリマスへ移籍 »

2008年2月19日 (火)

PREVIW、リバプールvsインテル(CL) 

Liverpool v Inter Milan
 2ヶ月ぶりに再開されるチャンピオンズ・リーグ、リバプールは本拠地アンフィールドにイタリア王者インテルを迎える。 ヨーロッパの舞台でリバプールとインテルが唯一対戦したのは1964‐65シーズンのチャンピオンズ・カップ準決勝、その時はリバプールがホームで3−1と勝ち、アウェイでは3−0と負けている。

 ヨーロッパでの成績では、リバプールが通算5度のチャンピオンズ・リーグ優勝(チャンピオンズ・カップ時代を含む)と3度のUEFAカップを手にしている。 最近では、昨年の決勝進出が記憶に新しい。 一方、インテルは1964、1965年にチャンピオンズ・カップ優勝を遂げている。 UEFAカップでは91、94、98年の3度優勝している。 チャンピオンズ・リーグになってからの最高成績は2002−03シーズンの準決勝、ライバルACミランに敗れ決勝には進出できなかった。

 今シーズンのチャンピオンズ・リーグでは、リバプールは序盤に苦戦したものの、グループリーグ後半は3連勝で2位で通過。 インテルは初戦こそ落としたものの、その後は5連勝で危なげなく首位通過を果たしている。

 試合を控えて、ジェイミー・キャラガー(リバプール)があとイエローカード1枚で出場停止の状況。 ここまで、キャラガーはGKレイナとともに全試合フル出場を果たしている。

 リバプールのチーム内得点王は4ゴールのジェラード、インテルのズラタン・イブラヒモビッチは5ゴールでマンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドとともに大会の得点王に立っている。

 リーグ戦では現在5位、首位アーセナルからは19ポイントの差をつけられ、優勝は厳しい状況。 また、先週のFAカップではチャンピオンシップ(2部相当)のバーンズリーに敗退してしまった。 現実的にタイトルを狙えるのはチャンピオンズ・リーグのみとなっている。 インテルは2位ローマと11ポイント差をつけてセリエA首位を独走中。 先週末の試合では控え選手数人を先発起用したもののリボルノに2−0で勝利している。 今シーズンは、全公式戦でここまで2度負けたのみでリーグ戦ではいまだに無敗である。

 Written by セネガル

|

« アーセナル、MFロシツキーがCLのミラン戦を欠場へ | トップページ | ダービー、MFティールが期限付きでプリマスへ移籍 »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/10612828

この記事へのトラックバック一覧です: PREVIW、リバプールvsインテル(CL) :

« アーセナル、MFロシツキーがCLのミラン戦を欠場へ | トップページ | ダービー、MFティールが期限付きでプリマスへ移籍 »