« CL、チェルシー対オリンピアコス戦の選手採点 | トップページ | 先週のトップ5ゴール、2/25 - 3/2 »

2008年3月 7日 (金)

マンC、DFリチャーズが復帰に前向き

Richards eyes return after operation
 2月27日に負傷した膝の半月板の手術を受けたマンチェスター・シティーのイングランド代表DFミカ・リチャーズ(19)。 復帰までは今後6週間前後かかる見込みだが、同選手は復帰に向けて前向きな姿勢をみせている。

 リチャーズは、   

 「全ての選手は怪我を負うんだ。これも仕事の一つだと思っている。しかし、自分自身の能力には自信を持っているし、復帰できれば定位置を取り返せると信じている」

 「しかし、彼の復帰を急がせたくはない。リスクを負わせたくはないんだ」

 「復帰までは手術から6週間かかると言われているので、今季残り4、5試合には出場できるかもしれない。それを目指すよ」とコメントしている。

 リチャーズは27日にロンドン市内の病院て手術を受け、3月26日に行なわれる親善試合のフランス戦への出場は絶望的となった。

|

« CL、チェルシー対オリンピアコス戦の選手採点 | トップページ | 先週のトップ5ゴール、2/25 - 3/2 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11031472

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、DFリチャーズが復帰に前向き:

« CL、チェルシー対オリンピアコス戦の選手採点 | トップページ | 先週のトップ5ゴール、2/25 - 3/2 »