« イングランド代表、DFファーディナントのフランス戦出場が微妙… | トップページ | ブラックバーン、ベテランMFトゥガイが契約更新に前向き »

2008年3月23日 (日)

イングランド代表、DFテリー『キャプテンマークをくれ!』

Give me the England armband, says John Terry
 前マクラーレン政権下でチェルシーのイングランド代表の主将を任されていたチェルシーのDFジョン・テリー(27)が、引き続きカペッロ新政権でもキャプテンを引き継ぎたいと意気込みを語った。

 テリーは、

 「私はキャプテンマークを守りたい。そしてこの国を牽引したい」

 「カペッロ氏の決断には不安な気持ちもある。でも、誰が新主将に選ばれても、彼の決断を尊重する」とコメントしている。

 前マクラーレン政権下ではテリーとジェラードがベッカムから主将を受け継ぐかたちで最終候補に残り、マクラーレン監督はテリーを選んだ。

 しかし、カッペロ監督が新たにイングランド代表監督に就任し、初陣となった国際親善試合のスイス戦ではテリーは怪我のために欠場し、代わりにジェラードがキャプテンを務めた。

 カペッロ監督は2010年W杯予選を迎える直前に代表キャプテンを正式に発表すると宣言しているが、26日に行われる国際親善試合のフランス戦で誰が主将を努めるのかにも注目される。

 一部の報道では、同試合で代表通算100試合目を迎える前主将のMFデイビッド・ベッカムが、その試合だけキャプテンマークを付けるとも噂されている。

This Is Not Here
    This Is Not Here

    3,150円

|

« イングランド代表、DFファーディナントのフランス戦出場が微妙… | トップページ | ブラックバーン、ベテランMFトゥガイが契約更新に前向き »

イングランド代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11698503

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド代表、DFテリー『キャプテンマークをくれ!』:

« イングランド代表、DFファーディナントのフランス戦出場が微妙… | トップページ | ブラックバーン、ベテランMFトゥガイが契約更新に前向き »