« マンC、コートジボワール代表FWコネが加入に前向き | トップページ | ジャンフランコ・ゾラ氏『いつかはチェルシーを率いたい』 »

2008年3月16日 (日)

チェルシー、フランス代表FWアネルカが終身契約を望む

Anelka - I'm here to stay
 今冬にボルトンから移籍金約37億円、4年半契約でチェルシーに加入したフランス代表FWニコラス・アネルカ(29)が、チェルシーで自身のキャリアを終えたいと語った。

 アネルカは、

 「私は自分のキャリアを振り返っても、後悔は全くしていない」

 「ビッククラブでのプレーから遠ざかっていた事は気にならない。マンCやボルトンに在籍した事は素晴らしい経験だった。とても良い人々に囲まれていたからね」

 「しかし、もう旅は十分だ。代表チームに復帰したし、チェルシーで落ち着きたい」

 「ロンドンのビックラブに戻り、質の高いチームで勝ち続けている。とても幸せに感じているし、ここでキャリアを終えたいとも思っている」とコメントしている。

 アネルカはパリ・サンジェルマンでプロデビューを果たし、10代のうちにアーセナルへ加入。 フランス王立フットボール・アカデミーで一緒だった同年代のアンリやトレゼゲなどと共に頭角を現したが、私生活での素行の悪さなどがたびたび問題となり、その後の高額な移籍金でレアル・マドリーに加入したものの、そこでもトラブルメーカーぶり発揮し、再びPSG、リバプール、マンC、フェネルバチェなど9クラブを点々と渡り歩き、昨季開幕時にフェネルバチェから移籍金18億円でボルトンに加入した。

 しかし、そのボルトンでは再び輝きを放ち、昨シーズンは11ゴールを挙げ、代表監督などとの確執から長年遠ざかっていたフランス代表にも復帰を果たしている。

No More Fuckin' War
    No More Fuckin' War

    2,940円

|

« マンC、コートジボワール代表FWコネが加入に前向き | トップページ | ジャンフランコ・ゾラ氏『いつかはチェルシーを率いたい』 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11399838

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、フランス代表FWアネルカが終身契約を望む:

« マンC、コートジボワール代表FWコネが加入に前向き | トップページ | ジャンフランコ・ゾラ氏『いつかはチェルシーを率いたい』 »