« ポーツマス、FWニュージェントが怪我に苛つく | トップページ | クラニチャルカメラ! vs トッテナム戦 »

2008年3月27日 (木)

バーミンガム、FWマクファデンの手術が成功

McFadden knee surgery successful
 17日に行われたニューカッセル線で膝を負傷し、手術を受けたバーミンガムのスコットランド代表FWジェームス・マクファデン(24)だが、術後の経過は順調であり、復帰までは3週間前後かかる見通しとなった。

 バーミンガムのマクリーシュ監督は、

 「手術は成功し、彼も元気だ」

 「彼が最終戦に間に合いそうなことは我々にとって重要なことだ。復帰までは2−3週間かかる見込みだからね」とコメントしている。

 マクファデンは22日に行われたレディング戦を欠場しており、さらに今後はマンC戦、ウィガン戦を欠場する見込み。

 マクファデンは2004年にマザーウェル(スコットランド)から移籍金2億5千万円でエバートンに加入、以降はレギュラーとして活躍し、スコットランド代表としてもEURO'08予選でフランスを撃破するゴール決めるなど結果を残していたが、今季途中でスコットランド代表監督からバーミガムの監督に就任したマクリーシュ監督の誘いにより、今冬にバーミガムに加入した。

染001
    染001

    3,150円

|

« ポーツマス、FWニュージェントが怪我に苛つく | トップページ | クラニチャルカメラ! vs トッテナム戦 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11857417

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、FWマクファデンの手術が成功:

« ポーツマス、FWニュージェントが怪我に苛つく | トップページ | クラニチャルカメラ! vs トッテナム戦 »