« アストンビラ、ポルトガル代表DFボシングワへのオファー提示を否定 | トップページ | エバートン、FWジョンソンの負傷によりストライカー不足に »

2008年3月20日 (木)

エバートン、FWヴォーンが今シーズン中の復帰に意欲

Vaughan bullish over return
 今月上旬にアメリカに渡り、膝治療の権威であるリチャード・ステッドマン氏からの手術を受けた、エバートンのU-21イングランド代表FWジェームス・ヴォーン(19)が、今シーズン中に戦列復帰できる可能性がでてきた。

 ヴォーンは、

 「私は精神的にとても強くなった」

 「怪我を抱えている事は運が悪だけ、戦う準備はできているよ」とコメントしている。

 若手有望株のヴォーンは昨年7月18日に行なわれたプレシーズンマッチのプレストン戦(2部)で肩を脱臼し、11月に戦列に復帰したばかり。 また、これまでにも多くの怪我に悩まされており、前回の怪我直後は現役引退も示唆していた。

 ヴォーンは2005年4月10日に行なわれたクリスタル・パレス戦で、17歳271日という若さでプレミアリーグを果たすと、その試合でいきなりゴールを決め、ジェームス・ミルナー(現ニューキャッスル)の持つプレミアリーグ最年少得点記録を塗り替えた。 なお、現在もその記録は破られていない。

サッカーショップ加茂 東京ヴェルディ1969 ユニフォーム

|

« アストンビラ、ポルトガル代表DFボシングワへのオファー提示を否定 | トップページ | エバートン、FWジョンソンの負傷によりストライカー不足に »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11551805

この記事へのトラックバック一覧です: エバートン、FWヴォーンが今シーズン中の復帰に意欲:

« アストンビラ、ポルトガル代表DFボシングワへのオファー提示を否定 | トップページ | エバートン、FWジョンソンの負傷によりストライカー不足に »