« リバプール、MFキューウェルが中国戦を欠場へ | トップページ | バーミンガム、FWマクファデンの手術が成功 »

2008年3月27日 (木)

ポーツマス、FWニュージェントが怪我に苛つく

Nugent frustrated with injury
 ポーツマスで出場機会を失っている元イングランド代表FWデイビッド・ニュージェント(22)が、自身の抱えている怪我について語った。

 ニュージェントは、

 「今季開幕時から怪我を抱えている状態だった」

 「今はもう完治し、これから勝負だと思っている」

 「昨シーズンから足の付け根と腰に問題を抱えていたが、昨夏に行われたU-21欧州選手権予選によって十分な休息をとることが出来なかった。それが原因だったとは思うが、今ならタフに戦える」とコメントしている。

 今季開幕前に移籍金15億円でプレストンからポーツマスに加入したニュージェントだが、シーズン序盤戦から極度のスランプに陥り、以降はベンチを温める日々が続いた。そのうえ、怪我によりトップチームで先発出場を果たしたのはわずか7試合、うちプレミアリーグでは4試合の出場に留まっている。

This Is Not Here
    This Is Not Here

    3,150円

|

« リバプール、MFキューウェルが中国戦を欠場へ | トップページ | バーミンガム、FWマクファデンの手術が成功 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11857203

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマス、FWニュージェントが怪我に苛つく:

« リバプール、MFキューウェルが中国戦を欠場へ | トップページ | バーミンガム、FWマクファデンの手術が成功 »