« エバートン、FWヴォーンが今シーズン中の復帰に意欲 | トップページ | レディング、負傷明けのMFリトルが同僚のタックルで好調を実感 »

2008年3月20日 (木)

エバートン、FWジョンソンの負傷によりストライカー不足に

Johnson in fitness fight
 日曜日のフラム戦で負傷したエバートンのイングランド代表FWアンドリュー・ジョンソン(27)が、昨日そけい部の怪我と診断され、エバートンは深刻なストライカー不足に陥ることとなった。

 敗戦に終わった日曜日のフラム戦、アンドリュー・ジョンソンは足を引きづりながら途中退場した。FWジェイムズ・ボーンはひざの手術で今季絶望とみられており、ナイジェリア代表FWヴィクトル・アニチェベは腰を負傷中、オーストラリア代表MFティム・ケーヒルは腰と足を負傷中という中、エバートンのデビッド・モイーズ監督はMFのリヨン・オズマンとDFのジョレオン・レスコットを攻撃陣としてFWヤクブ・アイイェグベニと並べて起用するしかなかった。

 物理療法氏のミック・ラスボーン氏は、

 「我々はジョンソンを週末に間に合わせるためにできることはすべてやる」と、コメントしたものの、ジョンソンは週末のウェスト・ハム戦の翌週に行われるアンフィールドでの対リバプール、マージーサイドダービーへ出場できるかどうかも微妙な様子。

 Written by Marek

サッカーショップ加茂 Jリーグ 2008

|

« エバートン、FWヴォーンが今シーズン中の復帰に意欲 | トップページ | レディング、負傷明けのMFリトルが同僚のタックルで好調を実感 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/11551900

この記事へのトラックバック一覧です: エバートン、FWジョンソンの負傷によりストライカー不足に:

« エバートン、FWヴォーンが今シーズン中の復帰に意欲 | トップページ | レディング、負傷明けのMFリトルが同僚のタックルで好調を実感 »