« リヨン、モウリーニョ氏の招聘は失敗 | トップページ | プレミアリーグ、結果(2日)エバートンが4位をキープ! »

2008年3月 3日 (月)

バーミンガム、FWフォッセル「昨夏に退団しかけた」

Forssell - I almost left Blues
 1日に行なわれたトッテナム戦でハットトリックの活躍をみせ、チームの勝利(4−1)に大きく貢献したバーミンガムのフィンランド代表FWミカエル・フォッセル(26)が、昨年夏に同クラブをほぼ退団しかけたと明かした。

 フォッセルは、

 「今季開幕前にクラブは私の移籍先を探していいた」

 「私はハノーファー(ドイツ)への移籍がほぼ決まっていたんだ。合意間近だった。しかし、最後の最後でバーミンガムは私に残って欲しいと言ってきた」

 「その時、私は移籍に心が傾いていた。なぜなら、前監督(現ウィガンのブルース監督)は私のことを嫌っていると思っていたからね」

 「しかし、状況は一転した。彼は私をプレシーズンマッチの全試合に起用してくれて、開幕戦の古巣チェルシー戦にも使ってくれた。それがここに残った理由だ」とコメントしている。

P465 ランパード(チェルシー) 2006/2007 ポスター【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】

|

« リヨン、モウリーニョ氏の招聘は失敗 | トップページ | プレミアリーグ、結果(2日)エバートンが4位をキープ! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/10895405

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、FWフォッセル「昨夏に退団しかけた」:

« リヨン、モウリーニョ氏の招聘は失敗 | トップページ | プレミアリーグ、結果(2日)エバートンが4位をキープ! »