« レディング、MFリトルが次節ニューカッスル戦で1年ぶりに復帰へ | トップページ | トッテナム、クロアチア代表MFプラニッチに興味 »

2008年4月 4日 (金)

トッテナム、主将DFキングの今季残りの試合を欠場へ

Tottenham's King out for season
 膝の怪我によりたびたび戦列を離れているトッテナムのイングランド代表DFレッドリー・キング(27)が、故障箇所を完全に完治させるために、今季残りの試合を欠場する見込みとなった。

 キングは、

 「今、膝の調子はとても良く、違和感も感じていない」

 「しかし、この先のことを考えるとここで完全に怪我を治しておく必要がある」とコメントしている。

 イングランド代表として19試合に出場しているキングは、2006年のW杯ドイツ大会終了後に右膝の手術を受けており、その後はたびたび膝に違和感を訴えて戦列を離れている。 そのため、今季はこれまでわずか10試合に出場したのみ。

The Tokyo Honey Hive
    The Tokyo Honey Hive

    3,150円(税込)

|

« レディング、MFリトルが次節ニューカッスル戦で1年ぶりに復帰へ | トップページ | トッテナム、クロアチア代表MFプラニッチに興味 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/12248069

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、主将DFキングの今季残りの試合を欠場へ:

« レディング、MFリトルが次節ニューカッスル戦で1年ぶりに復帰へ | トップページ | トッテナム、クロアチア代表MFプラニッチに興味 »