« プレミアリーグ、結果(5日)アーセナル対リバプールはドロー!チェルシーは快勝 | トップページ | チェルシー、守護神ツェフがCLフェネルバフチェ決戦で復帰へ »

2008年4月 7日 (月)

ダービー、MFバーンスが来季開幕も絶望

Barnes to miss season opening
 先日アメリカに渡り、膝治療の権威であるリチャード・ステッドマン医師から半月板の手術を受けた、ダービーのU-21イングランド代表MFギレス・バーンズ(19)だが、復帰は来季開幕にも間に合わないもようとなった。

 ステッドマン医師はこれまでにアラン・シアラー、マイケル・オーウェン、ヘンリク・ラーション、ルート・ファンニステルローイをはじめ、多くのフットボーラーの膝にメスを入れており、膝治療の世界的な権威として知られている。

 U-18イングランド代表でもプレーした経験を持つ攻撃的MFバーンズは、"ランパード2世"として将来が期待されている若手選手のひとりで、今季は24試合に出場、すでに来季チャンピオンシップへの降格が決まっているチームの開幕戦にも間に合わない見込みとなった。

 なお、同選手の獲得にはウェストハムやニューカッスルなどが興味を示しており、来季もプレミアリーグでプレーする可能性も高い。

染001
    染001

    3,150円(税込)

|

« プレミアリーグ、結果(5日)アーセナル対リバプールはドロー!チェルシーは快勝 | トップページ | チェルシー、守護神ツェフがCLフェネルバフチェ決戦で復帰へ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/12384738

この記事へのトラックバック一覧です: ダービー、MFバーンスが来季開幕も絶望:

« プレミアリーグ、結果(5日)アーセナル対リバプールはドロー!チェルシーは快勝 | トップページ | チェルシー、守護神ツェフがCLフェネルバフチェ決戦で復帰へ »