« マンU、DFヴィディッチが次節ウェストハム戦を欠場へ | トップページ | ジェラード対グラント監督 »

2008年5月 3日 (土)

マンU、FWルーニーの復帰を急がず

Rooney will not be rushed back
 マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、臀部(でん部)を負傷しているイングランド代表FWウェイン・ルーニー(22)の戦列復帰を急がせるつもりはなく、21日に行われるチャンピオンズリーグ決勝のチェルシー戦に間に合えば良いという見解を示している。

 ファーガソン監督は、

 「最も重要なことは彼がチャンピオンズリーグ決勝に出場できるかどうかということ。現段階では問題なく彼はプレーできる」

 「彼の復帰を急がせるつもりはない。100%な状態になるまでプレーさせるつもりはない」とコメントしている。

 ルーニーは先月26日に行われたチェルシー戦で臀部を痛め、29日のチャンピオンズリーグ準決勝のバルセロナ戦も欠場した。

Girl 001
    Girl 001

    3,990円(税込)

|

« マンU、DFヴィディッチが次節ウェストハム戦を欠場へ | トップページ | ジェラード対グラント監督 »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/20733978

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、FWルーニーの復帰を急がず:

« マンU、DFヴィディッチが次節ウェストハム戦を欠場へ | トップページ | ジェラード対グラント監督 »