« ブラックバーン、マクラーレン前イングランド代表監督と対談 | トップページ | マンU、FWベルバトフ獲得に向けて再始動!? »

2008年6月17日 (火)

ブラックバーン、MFベントリーは愛するクラブを離れさらなる高みを目指すのか

Bentley wants Rovers exit
 ブラックバーン・ローヴァーズに対して退団を希望する旨を伝えたイングランド代表MFデイヴィッド・ベントリー(23)が揺るぎない決意と飽くなき野心を語った。

 アーセナルを飛び出し、ノーリッジを経て、2005年にたどり着いたブラックバーンでイングランド代表に選ばれるまでに成長したベントリーは、

「クラブに俺のしたいことを明らかにしてきた」

 「上の段階に行きたい。チャンピオンズリーグでプレーしたい。ヨーロッパレベルでプレーしていたい。それが俺の考えだ」

 「あそこには3年間在籍している。俺はあのクラブを愛しているし、彼らとプレーするのが大好きだ。だが俺にできることは全てやり遂げたように感じる。俺は移籍して挑戦して階段を上って、できる限り成功したい」

 「そのチャンスは他のどこかに転がっていると信じている。新しい挑戦がしたいし、そのどこかへ突き進みたい気分だ」

 「今までのプレーで彼らには報えたと願いたい。だが俺はそのどこかへ移る必要がある」

 「この夏が何をもたらしてくれるのかみていくことにするよ。この移籍市場で何か解決できればと思っている」

 「俺は当時の監督(ヒューズ前ブラックバーン監督)と会長と話し合ったんだ」

 「彼らの状況は変わってしまったが俺の心は変わらない。進み続ける必要がある。それこそ俺がやろうとしていることだ」

 「俺にはイングランドのためにプレーするという野心があるし、できるだけ大きな試合でプレーしていたい。そのチャンスがどこかに揺らいでいるはずなんだ」

 「俺の決意はカネではなく純粋にフットボールに基づいたものだ。本当に一番高いレベルでプレーしていたいんだ」

 「興味を持ってくれているクラブはある。だがそれはブラックバーンの手にゆだねられている。ここにやってくる監督はベストプレイヤーたちをとどめておきたいだろうが、俺の決意は決まっている。誰にも俺の決意を変えることはできない」と、語った。

 Written by Marek

|

« ブラックバーン、マクラーレン前イングランド代表監督と対談 | トップページ | マンU、FWベルバトフ獲得に向けて再始動!? »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/21692799

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバーン、MFベントリーは愛するクラブを離れさらなる高みを目指すのか:

« ブラックバーン、マクラーレン前イングランド代表監督と対談 | トップページ | マンU、FWベルバトフ獲得に向けて再始動!? »