« リバプール、共同オーナーが関係を修復中 | トップページ | 珍プレー集! »

2008年6月27日 (金)

マンU、MFクリスティアーノ・ロナウドに関してレアル・マドリード側と対談へ!

United and Real chiefs to come face to face in Switzerland next month
 7月7日月曜日にスイスのニヨンで欧州クラブ協会(ECA)が開かれることになり、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFクリスティアーノ・ロナウド(23)がスペイン行きの願望を表明して以来始めてマンチェスター・ユナイテッド側とスペインのレアル・マドリード側が顔を合わせることになるもよう。

 ECA会長に当選したバイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は先日、

 「このことに関しては心配していない。ルールははっきりしているし、ユナイテッドとこの選手との翌4年間に渡る契約は非常に強固だからね」

 「それに私はサー・アレックス・ファーガソンのことをよく知っている。彼がノーと言えば絶対にノーだということもね」

 「レアル・マドリードのようなクラブがロナウドのような選手に関して緊迫状態にもっていけるなんて信じられない。彼らが払わなければならない額は誰の目から見ても高すぎるからね」

 「このことは世界のフットボールにとって危険だと思う。みんなのためにもロナウドにはクラブに残ってもらいたい」と、語っている。

 マンチェスター・ユナイテッドはレアル・マドリードに対してロナウドを売る意思は全く無いと以前からずっと呼びかけ続けている。

 Written by Marek


マンチェスターユナイテッド '07-'08 プレミアリーグ クリスティアーノ・ロナウド 直筆サインユニフォーム

|

« リバプール、共同オーナーが関係を修復中 | トップページ | 珍プレー集! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/21925221

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、MFクリスティアーノ・ロナウドに関してレアル・マドリード側と対談へ!:

« リバプール、共同オーナーが関係を修復中 | トップページ | 珍プレー集! »