« アーセナル、FWアデバヨールと新たに長期契約! | トップページ | 国際親善試合、結果&ハイライト(20日)イングランドが土壇場で追いつきチェコとドロー »

2008年8月21日 (木)

アーセナル、ベンゲル監督のFWアルシャビン獲得の望みを阻むは金銭面の壁?

Arshavin demanded 'too much'
 今夏の目玉であるロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに所属するロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン(27)だが、代理人は同選手が大金を望まなければアーセナル行きの可能性があると発言した。

 アルシャビンの代理人であるDennis Lachter氏は、

 「ベンゲルはアルシャビンの獲得に熱心だ」

 「もしアンドレイが金銭欲を抑えたなら、彼がすぐにでもエミレイツでプレーしているっていう可能性ははるかに高まるよ」

 「アーセナルは彼のために1,500万ポンド(約31.5億円)を支払う準備をしていた」

 「正直、ベンゲルはいつも言ったこととは別の行動をとる狡猾なキツネだよ。彼はアンドレイが欲しい。だがアーセナルは高い給料を払わない唯一のイングランドのトップクラブだよ」と、コメントした。

 アルシャビンに対してはイタリアのインテル・ミラノやスペインのバルセロナも興味を示しており、イングランドではトッテナムが契約に最も近いクラブとみられていた。

 当初アルシャビンの移籍金として2,400万ポンド(約50.4億円)を要求していたゼニトだったが、先日には要求金額を減額することを表明している。

 Written by Marek

|

« アーセナル、FWアデバヨールと新たに長期契約! | トップページ | 国際親善試合、結果&ハイライト(20日)イングランドが土壇場で追いつきチェコとドロー »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/23136269

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、ベンゲル監督のFWアルシャビン獲得の望みを阻むは金銭面の壁?:

« アーセナル、FWアデバヨールと新たに長期契約! | トップページ | 国際親善試合、結果&ハイライト(20日)イングランドが土壇場で追いつきチェコとドロー »